婦人

目の下にできるくまには種類がある┃美容外科で治そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

糸を使うリフティング術

中年女性

スプリングスレッドは、コグがついた特殊な糸を埋め込んでシワを解消する整形です。糸には皮膚のリフティング効果があり、シワやほうれい線を消すことができます。糸は沢山埋め込むほどリフティング効果が高くなります。

Read

肌トラブルの駆け込み寺

施術を受けるウーマン

美容皮膚科は比較的短時間で効果を得られ、最近ではリーズナブルな治療費の医院も増えているため、肌悩みの改善方法として人気が高くなっています。ただし、数回は通う必要があるので、立地や診察時間、価格などから自分の通いやすい医院を見つける必要があるでしょう。

Read

注射による美容方法

美容整形

ヒアルロン酸注射を行うときには、自分の希望する状態にあわせて粒子の大きさや注入量を選ぶ必要があります。皮膚に直接注射をするので即効性があり、体の新陳代謝によって少しずつ分解され、排出されるようになっています。

Read

魅力的な目元を作るには

鏡を見るウーマン

目の下にくまがあるだけで、老けて見えたり疲れて見えたりしてしまいます。そのため、くまで悩んでいる女性も多いはず。では、そもそもなぜくまが出来てしまうのでしょうか。くまには大きく分けて三つの種類があります。それぞれ原因や対処法が異なるので、まずは自分がどのタイプに当てはまるのか確認することが大切です。一つ目は、「茶くま」と呼ばれる色素沈着が原因のものです。二つ目は血行不良が原因で起こる「青くま」、三つ目はたるみや皮膚のへこみがによる「黒くま」です。また混合型も多く見られ、ケアもケース毎に合わせる必要があります。鏡で見ることで判断することもできますが、難しい場合や、ほかにも気になる体の不調がある場合は専門医を受診してください。別の病気が原因で目の下にくまが現れるケースもあるので、安易に自己判断をするのはやめましょう。

たるみが原因であったり血行不良によるものだったりした場合には、目の下などの血流を良くするマッサージやツボ押しがオススメです。シミやくすみがなどが原因の場合も、新陳代謝が促されるとしてマッサージは効果的とされています。また自宅で手軽にできるケアとしては、睡眠を十分に取る、適度な運動で血流を良くすることも挙げられます。色素沈着の場合は、ビタミンC誘導体や美白成分の含まれたパックを目の下に行うことも効果的です。同時に体の中へビタミンやミネラルなど、肌に良いとされる栄養素をバランスよく取り入れることも大切です。これらを予防や解消のために行なうことは大切ですが、長い間目元にあったものの場合、なかなか解消されないケースがあります。その際には美容外科などに行って目の下のくまを解消してもらいましょう。美容外科であれば、原因に応じて色々な施術を提案してくれますし、セルフケアを続けなくても楽になくすことが出来ます。たるみなどによるくま場合には、同時に目元のたるみも解消され、スッキリとした若々しい目元を得ることが出来るようになるでしょう。料金やキャンペーンなどは美容外科ごとに異なるので、調べた上で行くようにしましょう。